消化器内科(常勤医6名・非常勤医3名)では消化器疾患全般の治療はもちろん、積極的に最新機器を導入し先端医療に取り組んでいます。ほとんどの医師は日本消化器内視鏡学会専門医を取得し、日々技術の向上のために学会などに参加し研鑽を積んでいます。また当科は24時間待機態勢で患者さんの受け入れを行っている他、地域のニーズに合わせて消化器疾患のみならず糖尿病、血液疾患、不明熱など診断・治療に苦慮する症例の精査加療のご依頼も受けています。

主な問い扱い疾患

消化管がん(胃がん・大腸がんなど) 早期癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的粘膜切除術(EMR) 進行癌には化学療法や消化管ステント留置、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療 消化管出血 内視鏡的止血術 内視鏡止血困難例に対して血管造影法を用いたコイル塞栓による止血術 食道胃静脈瘤に対して内視鏡的硬化療法(EIS)や結紮術(EVL) 炎症性腸疾患 潰瘍性大腸炎・クローン病などに対する薬物療法・内視鏡的治療・顆粒球除去療法など 肝疾患 急性肝障害(薬剤性肝炎・ウィルス性肝炎)に対する集学的治療 慢性肝炎に対してのインターフェロン・抗ウィルス(DAA)療法など 肝硬変に対する薬物・栄養療法など 肝細胞がん対する肝動脈塞栓術(TAE)、肝動注リザーバー療法、ラジオ波焼灼療法(RFA)など 胆膵疾患 胆石に対する内視鏡的乳頭切開術(EST)・バルーン乳頭拡張術(EPLBD)・胆道鏡を用いた砕石術 急性胆のう炎に対する内視鏡的胆のうドレナージ(ERGBD)・経皮経肝胆のうドレナージ術(PTGBD) 閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆管ステント留置術(EMS)・経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD) 進行癌には化学療法や消化管ステント留置、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療 小腸ファイバーを用いた小腸疾患の治療 腸閉塞に対する内視鏡的減圧術、ステント留置術 誤飲に対する異物除去 内視鏡的胃ろう造設(PEG) 中心静脈栄養(CV)ポート植込みによる在宅IVHの支援 疼痛コントロールを含めた終末期緩和ケア


診療内容(特長など)

当科では岐阜大学大学院医学系研究科・消化器病態学講座および地域腫瘍学講座(Gifu University, Regional Cancer Control; GRCC)と共同で「地域社会における、がん死撲滅に向けたシステム構築」に関する研究を行っております。具体的には岐阜市北部・山県・武儀・揖斐地域をモデルとして、当地域から消化器がんによる死亡を一人でも減らすことを目標に、消化器がんに対する啓蒙活動・検査・長期間にわたる追跡調査を行う取り組みをしています。 これらの研究成果は積極的に国内・国際学会および英文雑誌などで発表し、地域医療の発展に取り組んでいます。

 

氏名

齋藤 公志郎
(さいとう こうしろう)

認定等

認定内科医
消化器病学会専門医
肝臓専門医
人間ドック学会認定医
認定産業医
日本膵臓学会指導医

役職

岐阜・西濃医療センター長

専門

消化器病

出身大学・
卒年度

岐阜大学 昭和51年卒業

趣味・
ひと言

読書(乱読)、旅行、音楽鑑賞、海釣り
地域医療充実を目指しています。

対応可能な多国語

英語

所属学会

内科学会
消化器病学会
肝臓学会
膵臓学会
消化器内視鏡学会
人間ドック学会
消化器がん検診学会

氏名

山内 治 
(やまうち おさむ)

認定等

日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医

役職

副院長

専門

消化器内科

出身大学・
卒年度

岐阜大学 
(昭和59年卒)

趣味・
ひと言

 

対応可能な多国語   所属学会

日本内科学会 
日本消化器病学会 
日本消化器内視鏡学会 
日本肝臓学会 
日本消化器がん検診学会

氏名

足立 政治 
(あだち せいじ)

認定等

日本内科学会認定医
総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医・支部評議員・学会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・支部評議員・学術評議員
日本肝臓学会専門医

役職

消化器内科部長・検査科部長

専門

消化器内科

出身大学・
卒年度

岐阜大医学部
(平成8年卒)

趣味・
ひと言

地域に貢献できるよう努めて参ります。

対応可能な多国語 英語 所属学会

日本内科学会・日本消化器病学会・日本肝臓学会・日本消化器内視鏡学会・日本膵臓学会・日本消化器がん検診学会・アメリカ癌学会(AACR)

氏名

鈴木 祐介
(すずき ゆうすけ) 

認定等

 

役職

医長

専門

特に肝疾患

出身大学・
卒年度

岐阜大医学部
(平成15年卒)

趣味・
ひと言

 

対応可能な多国語

 

所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本内視鏡学会、日本超音波医学会、日本分子標的治療学会

氏名

馬淵 正敏
(まぶち まさとし) 

認定等

日本内科学会認定内科医・日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会認定専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・東海支部評議員、日本肝臓学会認定専門医、日本胆道学会認定指導医(内視鏡診断治療、経皮経肝的診断治療)、日本膵臓学会認定指導医(膵炎治療、内視鏡診断治療、癌薬物療法、緩和医療)、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会受講、嚥下機能評価研修会受講

役職

医長

専門

消化器一般、特に胆・膵領域

出身大学・
卒年度

岐阜大学
(平成19年卒)

趣味・
ひと言

バスケットボール
地域の皆様の病気の早期発見、早期治療に貢献したいと思っています。

対応可能な多国語

英語

所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、日本胆道学会、日本膵臓学会、日本消化器がん検診学会、日本高齢消化器病学会

 

診療実績(手術実績や治療実績など)

年間上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査:約3000件・下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査:約1000件・大腸ポリペクトミー:約250件・早期胃がんに対するESD・内視鏡による胆石除去術など、積極的に内視鏡治療に取り組み患者さんに優しい医療を心がけています。

 



 

より質の高い医療提供のために

#

病院の特徴

#

地域医療から専門性の高い医療を、この地域のために