消化器内科(常勤医6名・非常勤医3名)では消化器疾患全般の治療はもちろん、積極的に最新機器を導入し先端医療に取り組んでいます。ほとんどの医師は日本消化器内視鏡学会専門医を取得し、日々技術の向上のために学会などに参加し研鑽を積んでいます。また当科は24時間待機態勢で患者さんの受け入れを行っている他、地域のニーズに合わせて消化器疾患のみならず糖尿病、血液疾患、不明熱など診断・治療に苦慮する症例の精査加療のご依頼も受けています。

主な取り扱い疾患

消化管がん(胃がん・大腸がんなど) 早期癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的粘膜切除術(EMR) 進行癌には化学療法や消化管ステント留置、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療 消化管出血 内視鏡的止血術 内視鏡止血困難例に対して血管造影法を用いたコイル塞栓による止血術 食道胃静脈瘤に対して内視鏡的硬化療法(EIS)や結紮術(EVL) 炎症性腸疾患 潰瘍性大腸炎・クローン病などに対する薬物療法・内視鏡的治療・顆粒球除去療法など 肝疾患 急性肝障害(薬剤性肝炎・ウィルス性肝炎)に対する集学的治療 慢性肝炎に対してのインターフェロン・抗ウィルス(DAA)療法など 肝硬変に対する薬物・栄養療法など 肝細胞がん対する肝動脈塞栓術(TAE)、肝動注リザーバー療法、ラジオ波焼灼療法(RFA)など 胆膵疾患 胆石に対する内視鏡的乳頭切開術(EST)・バルーン乳頭拡張術(EPLBD)・胆道鏡を用いた砕石術 急性胆のう炎に対する内視鏡的胆のうドレナージ(ERGBD)・経皮経肝胆のうドレナージ術(PTGBD) 閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆管ステント留置術(EMS)・経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD) 進行癌には化学療法や消化管ステント留置、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療 小腸ファイバーを用いた小腸疾患の治療 腸閉塞に対する内視鏡的減圧術、ステント留置術 誤飲に対する異物除去 内視鏡的胃ろう造設(PEG) 中心静脈栄養(CV)ポート植込みによる在宅IVHの支援 疼痛コントロールを含めた終末期緩和ケア


診療内容(特長など)

当科では岐阜大学大学院医学系研究科・消化器病態学講座および地域腫瘍学講座(Gifu University, Regional Cancer Control; GRCC)と共同で「地域社会における、がん死撲滅に向けたシステム構築」に関する研究を行っております。具体的には岐阜市北部・山県・武儀・揖斐地域をモデルとして、当地域から消化器がんによる死亡を一人でも減らすことを目標に、消化器がんに対する啓蒙活動・検査・長期間にわたる追跡調査を行う取り組みをしています。 これらの研究成果は積極的に国内・国際学会および英文雑誌などで発表し、地域医療の発展に取り組んでいます。

 


原著論文
  1. Ogiso H, Adachi S, Mabuchi M, Horibe Y, Ohno T, Suzuki Y, Yamauchi O, Kojima T, Takada E, Iwama M, Saito K, Iwashita T, Ibuka T, Yasuda I, Shimizu MRisk factors for the development of esophageal candidiasis among patients in community hospital. Sci Rep 2021 Oct 19;11(1):20663.
  2. Takada E, Adachi S, Horibe Y, Shimizu M. Intramuscular bleeding triggered by disseminated intravascular coagulation with enhanced fibrinolysis in a patient with prostate cancer: A case report. Int Med doi: 10.2169/internalmedicine.7697-21
  3. 足立 政治, 馬淵 正敏, 堀部 陽平, 山内 治, 齋藤 公志郎, 畠山 啓朗, 西脇 伸二, 小島 孝雄, 清水 雅仁 胃内視鏡検診車による集団胃がん検診の導入の効果 日本消化器がん検診学会誌 2021 DOI: https://doi.org/10.11404/jsgcs.20030
  4. Adachi S, Iwashita T, Shimizu M. Peroral endoscopic retrieval of two duodenal stents migrated into jejunum. Dig Endosc. 2021 Jun 18.
  5. Ibuka T, Adachi S, Horibe Y, Ohno T, Mabuchi M, Suzuki Y, Yamauchi O, Takada E, Iwama M, Saito K, Arao M, Takai K, Araki H, Shimizu M. Effects of antithrombotic drugs on the results of fecal immunochemical test in colorectal neoplasms screening. Sci Rep 2021 Feb 23;11(1):4348. 
  6. Horibe Y, Adachi S, Ohno T, Goto N, Okuno M, Iwama M, Yamauchi O, Kojima T, Saito K, Ibuka T, Yasuda I, Araki H, Moriwaki H, Shimizu M. Alpha-glucosidase inhibitor use is associated with decreased colorectal neoplasia risk in patients with type 2 diabetes mellitus receiving colonoscopy: a retrospective study. Oncotarget. 2017 Jun 8;8(58):97862-97870.
  7. Ohno T. Adachi S, Okuno M, Horibe Y, Goto N, Iwama M, Yamauchi O, Kojima T, Saito K, Ibuka T, Yasuda I, Araki H, Moriwaki H, Shimizu M. Development of a novel scoring system for predicting the risk of colorectal neoplasia : A Retrospective Study. PLos One 2016 PMID:27284907
  8. Horibe Y, Adachi S, Yasuda I, Yamauchi T, Kawaguchi J, Kozawa O, Shimizu M, Moriwaki H.Anticancer effect of arsenite on cell migration, cell cycle and apoptosis in human pancreatic cancer cells.Oncol Lett. 2016 Jul;12(1):177-182.
  9. Okuno M, Yasuda I, Adachi S, Nakashima M, Kawaguchi J, Doi S, Iwashita T, Hirose Y, Kozawa O, Yoshimi N, Shimizu M, Moriwaki H. The significance of phosphorylated heat shock protein 27 on the prognosis of pancreatic cancer. Oncotarget. 2016 Mar 22;7(12):14291-9.
  10. Okuno M, Adachi S, Kozawa O, Shimizu M, Yasuda I. The Clinical Significance of Phosphorylated Heat Shock Protein 27 (HSPB1) in Pancreatic Cancer. Int J Mol Sci. 2016 Jan 21;17(1). Review.
  11. 奥野充,足立政治,中村憲昭,山内治,齋藤公志郎,長期間経皮経肝胆嚢ドレナージカテーテル留置によって横隔膜穿孔をきたした一例 日本農村医学会雑誌 2016年65巻2号
  12. Okuno M, Adachi S, Horibe Y, Ohno T, Yamauchi O, Saito K, Ibuka T, Iwashita T, Yasuda I, Shimizu M. Bile duct injury and severe bleeding after endoscopic papillary large balloon dilation without sphincterotomy: a case report. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2016;113:672-9.
  13. Horibe Y, Adachi S, Okuno M, Ohno T, Goto N, Iwama M, Yamauchi O, Saito K, Yasuda I, Shimizu M. A refractory duodenal ulcer with a biliary-duodenal fistula following the administration of bevacizumab.
    Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2016;113:1244-50.
  14. Adachi S, Okuno M, Horibe Y, Ohno T, Goto N, Nakamura N, Iwama M, Yamauchi O, Saito K. Stenosis in small intestine late after cardiopulmonary arrest. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2014;111:2319-25.
  15. Okuno M, Adachi S, Nakamura N, Yamauchi O, Saito K, Hirose Y, Ibuka T, Yasuda I, Moriwaki H. A case of advanced gastric cancer with liver abscesses Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2013;110:869-74.

著書

  1. 足立 政治 
    岐阜県における検診車を用いた集団胃がん内視鏡検診の取り組み
    Gastro-Health Now(日本胃癌予知・診断・治療研究機構)2021.2.15 第69号
  2. 足立 政治.
    「経鼻内視鏡検診車」による住民胃がん検診受診率向上の取り組み 
    新医療 2018年 518号
  3. 足立 政治.
    胃内視鏡搭載巡回バスを用いた胃がん検診の新たなモデル構築に関する研究
    共済エグザミナー通信 2019年8月 第45号

 

 

氏名

山内 治 
(やまうち おさむ)

認定等

日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医

役職

医師

専門

消化器内科

出身大学・
卒年度

岐阜大学 
(昭和59年卒)

趣味・
ひと言

 

対応可能な多国語   所属学会

日本内科学会 
日本消化器病学会 
日本消化器内視鏡学会 
日本肝臓学会 
日本消化器がん検診学会

氏名

畠山 啓朗 
(はたけやまひろお)

認定等

内科学会認定医、
消化器病学会指導医、
地区評議員、
内視鏡学会専門医、
消化器がん学会認定医

役職

副院長・消化器内科部長・検査科部長

専門

消化器内科一般

出身大学・
卒年度

岐阜大医学部
(平成元年)

趣味・
ひと言

 

対応可能な多国語   所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、消化器がん検診学会

氏名

杉山 智彦
(スギヤマ トモヒコ) 

認定等

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医・指導医・東海支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・東海支部評議員・学術評議員

役職

検査科部長

専門

消化器内科

出身大学・
卒年度

杏林大学
(2007年卒)

趣味・
ひと言

テニス

対応可能な多国語

 

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

氏名

鈴木 祐介
(すずき ゆうすけ) 

認定等

 

役職

血液内科部長

専門

特に肝疾患

出身大学・
卒年度

岐阜大医学部
(平成15年卒)

趣味・
ひと言

 

対応可能な多国語

 

所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本内視鏡学会、日本超音波医学会、日本分子標的治療学会

氏名

長谷川 恒輔
(はせがわ こうすけ) 

役職

医長

専門

消化器一般(特に消化管疾患)

卒年度

2008年(平成20年)

資格等

日本内科学会認定 総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会認定 専門医
日本消化器内視鏡学会認定 専門医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会

その他  
氏名

岩間 みどり
(いわま みどり)

役職

健診センター長

専門

健診、糖尿病

卒年度

昭和59年

資格等

日本内科学会認定内科医、人間ドック健診専門医・指導医、日本人間ドック学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本医師会認定産業医

所属学会

日本内科学会、日本人間ドック学会、総合健診医学会、日本糖尿病学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会

その他  

 

診療実績(手術実績や治療実績など)

年間上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査:約3000件・下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査:約1000件・大腸ポリペクトミー:約250件・早期胃がんに対するESD・内視鏡による胆石除去術など、積極的に内視鏡治療に取り組み患者さんに優しい医療を心がけています。

当院消化器内視鏡 件数の推移



 

より質の高い医療提供のために

#

病院の特徴

#

地域医療から専門性の高い医療を、この地域のために