当科の基本理念

  1. 我々は、医療従事者としての確固たる自覚のもと、適切な行動をします。
  2. 我々は、接遇応対の意識を高く持ち、患者サービスの向上に努めます。
  3. 我々は、専門技術職としての責務において、日々の研鑚の励行および質の高い治療の提供に努めます。
  4. 我々は、患者さまと同じ目線・立場に立ち、解り易い説明かつ情報の提供に努めます。
  5. 我々は、保健・医療・福祉の連携に努めます。

当科の基本行動方針
  1. 山県市を中心とした地域の中核病院としての役割・方針に準じて、急性期から早期に機能改善を目指した離床の促進や、廃用症候群を予防して効果的なリハビリテーションの提供に努めていきます。
  2. 回復期には機能改善をさらに促進し、日常生活または職業への復帰など社会適応するためのリハビリテーションプログラムを計画・立案し実施します。また、退院後の維持期や生活期においては、地域の医療・福祉機関と連携し継続したリハビリテーションを提供できるよう連絡・調整を行います。
  3. 住み慣れた地域で安心・安全でいきいきとした生活が送れるよう、社会福祉協議会・地域包括支援センター・介護老人保健施設等との積極的な連携を図り、訪問リハビリテーションの提供や介護知識や技術支援も実施していきます。

 


スタッフ紹介

理学療法士 11名  
作業療法士 4名  
言語聴覚士 3名
認定資格等:3学会呼吸療法認定士 心臓リハビリテーション指導士 骨粗鬆症リエゾンマネージャー

 


施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション(I)
運動器リハビリテーション(I)
呼吸器リハビリテーション(I)
心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション
廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)

 

理学療法部門

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動療法や物理療法などの手段を用いて行われる治療法です。
当院の理学療法部門は現在11名のスタッフが在籍しており、年間1000名近くの患者さまを対象に治療を行っています。急性期から維持期に至るまで機能改善を目指し医師、看護師、各コメディカルと協働し、継続した理学療法を提供しています。また、緩和ケア病棟における「がんのリハビリテーション」も実施しています。
退院に向けて取り組みとして、より安全で安心できる自宅生活が送れるよう、手すり設置など家屋改修指導、杖・車椅子・靴などの使用に対する助言も行っています。
患者さまの意志や目標を確認しながら、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上を目指した理学療法を日々心がけています。

 

作業療法部門

作業とは、人が行う全ての活動を指します。作業療法では仕事・遊びなど人間の生活全般にかかわる緒動作を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導手段としています。

子供からお年寄りまで病気や怪我など障害をもつすべての人にかかわり、日常生活や社会生活に支障をきたしたし、身の回りの生活動作(食事やトイレなど)が自力で行うことが困難になった方に対して、再び自宅や社会に戻って活き活きとした生活が出来る様に援助したり、安全で楽な動作方法の指導・工夫などのアドバイスを行います。また、肩や手の痛みなどに対しては、痛みの軽減とともに生活の中でうまく使用できるように援助したりします。家庭復帰や社会復帰に向けた支援を行います。

 

言語聴覚療法部門

言語聴覚士3名で入院患者様、外来患者様を対象に療法を行っています。対象領域は、ご自分の意思をうまく伝えられない、相手の言葉を理解するのが難しいなどコミュニケーションの問題全般に対して治療・援助しています。また、飲み込みや口の動きの障害で「食べること」が困難になった方に対し、安全で楽しい食事となるように、取り組んでいます。近年、摂食・嚥下障害の患者様に対するリハビリテーションの需要は高まっており、当院では年間100症例を超える嚥下内視鏡検査を施行し、専門的な評価を行っています。また、各病棟カンファレンスや週1度のNSTラウンドに参加しています。

在宅訪問部門

訪問リハビリテーションは、利用者の実際の生活の場にお伺いして、日常生活の自立と家庭内さらには社会参加の向上を図ることが目的です。利用者の心身障害、生活障害、住環境等を確認して自宅生活の中で利用者自身の機能維持・向上を図りつつ、医療機関では行うことができない実際の生活場面に即した能力的な部分へのアプローチを行っていくことができるサービスです。利用者が安心、安全にその人らしい在宅生活が継続できるように可能な限り支援していきます。

患者様へのメッセージ

 当院周囲の恵まれた自然環境のなか、人生の最後まで自分らしく尊厳をもって生活が送れることができるような包括的リハビリテーションサービスの提供を心掛けています。単に身体機能の回復のみに固執するのではなく、急性期から回復期・維持および生活器の各段階に応じて適切な訓練やアドバイスを行いながら、残された機能を最大限に活用しながら心豊かな生活が実現できるよう全力でサポートしていきたいと考えています。

 

トップ