ごあいさつ

 当院の特色は急性期から回復期そして慢性期までの地域医療を担当していることです。
 現在日本では高齢者の増加が顕著です。高齢者はどうしても病気になりがちで、かつ一旦病気となると回復までの時間が若い人よりも多く必要とされるのが事実です。それ故入院期間が長くなり、また退院前の適切なリハビリが必要な患者さんも多くみられます。一方、増加を続ける医療費を抑制するため、国の施策として急性期病院の入院期間短縮が進められています。その解決方法として、急性期入院後の受け皿として回復期病床や療養病床(慢性期)が作られました。そしてこの地域でも高齢者は増加しています。従って我が病院でもこの三種類の病棟を設置して現実に対応しています。体調不良の人が早期に適切に病院を受診し、必要な検査や治療を受けられるようにすることが我が病院の使命と考え、さらなる努力することを述べ初めの言葉とします

 

トップ